モービル

2015年10月30日 (金)

車内スペースに

時間が経ちましたが

 先日の15県の移動運用で初めて活躍しました商品を少し紹介します。

使う事も無く数年

 車内頭上スペースの有効活用としての インテリア・バー 

  アンテナ固定に使用した ホールデムチューブ(M)商品 です。

(株)クレトム

 インテリアバー KA-53 2本

 前後取付パーツ KA-66

ドッペルギャンガー

 ホールデムチューブ(M  サイズ) HT1-143

以前の移動運用時は 釣竿ケース等に入れていた デルタループ・アンテナ

 立てかけたままで車内に置いていましたが 車内スペースの有効活用にと

  今回の移動運用を機会に 頭上に置くようにして見ました。

当局の車は 軽自動車(N-BOX)

 室内の頭上スペースは有りますので 早速 前後取付パーツ KA-66を

  車内のアシストグリップ左右に 同梱品のマジックテープで取付

  (車によっては アシストグリップが 左右 2個以上有る車も)

  (左右2個以上有る車には 前後取付パーツは使わなくても OK! です)

取付終わったら次に インテリアバー KA-53 2本を

 アシストグリップに取り付けた 前後取付パーツの所(前後)に

  上から掛けたら終了です。

2015_1026_120131cimg2682 

奥側 紫色のケースには 50MHz 3エレ デルタループ・アンテナ

手前 赤色のケースには 50MHz 2エレ デルタループ・アンテナ

このケースの固定に使用しましたのが 

 ドッペルギャンガー ホールデムチューブ(M) HT1-143

2015_0919_071210cimg2568

  ホールデムチューブには (L) HT1ー142

                   (M) HT1-143

                   (L) HT1-144 

長さの異なる 3種類が1袋 4本入りで有ります。

材質等は やわらかい物で出来ています。

 写真で見て頂きますように ぎゅっと締め付けてなく 

  軽くケースを巻きつけた程度でしたが

   15県 塩谷郡・日光市の山道では ずれ落ちる事も有りませんでした。

他にも活用方法は有るとは思いますが 今回はこのようにして見ました。

 

| | コメント (0)