« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

同軸管 パート3

またまた計算していなかった事が・・

強度ばかり気にしていた為 重量までは・・・

2015_1030_151104cimg2705

肉厚の有る物にしましたが

2015_1030_152148cimg2714

写真では 2本写っていますが

 重量は 1本のです

現状の 重量 606 g  長さ 1,250 ㎜

これから長さ調整して少し短くはなりますが・・・

ちなみに 前回製作した

2015_1030_151711cimg2709

外径 8 ㎜ 肉厚 0.5 ㎜ 長さ 1,000 ㎜パイプだと

2015_1030_151642cimg2708

96 g

いずれもパイプを加工する前の重量ですが

強度を選ぶか 重量を選ぶか ここに来て 悩んでいます。

今の所 強度を選んで 部材を考えていますが・・

 上手く出来るのか ?です。

 

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

車内スペースに

時間が経ちましたが

 先日の15県の移動運用で初めて活躍しました商品を少し紹介します。

使う事も無く数年

 車内頭上スペースの有効活用としての インテリア・バー 

  アンテナ固定に使用した ホールデムチューブ(M)商品 です。

(株)クレトム

 インテリアバー KA-53 2本

 前後取付パーツ KA-66

ドッペルギャンガー

 ホールデムチューブ(M  サイズ) HT1-143

以前の移動運用時は 釣竿ケース等に入れていた デルタループ・アンテナ

 立てかけたままで車内に置いていましたが 車内スペースの有効活用にと

  今回の移動運用を機会に 頭上に置くようにして見ました。

当局の車は 軽自動車(N-BOX)

 室内の頭上スペースは有りますので 早速 前後取付パーツ KA-66を

  車内のアシストグリップ左右に 同梱品のマジックテープで取付

  (車によっては アシストグリップが 左右 2個以上有る車も)

  (左右2個以上有る車には 前後取付パーツは使わなくても OK! です)

取付終わったら次に インテリアバー KA-53 2本を

 アシストグリップに取り付けた 前後取付パーツの所(前後)に

  上から掛けたら終了です。

2015_1026_120131cimg2682 

奥側 紫色のケースには 50MHz 3エレ デルタループ・アンテナ

手前 赤色のケースには 50MHz 2エレ デルタループ・アンテナ

このケースの固定に使用しましたのが 

 ドッペルギャンガー ホールデムチューブ(M) HT1-143

2015_0919_071210cimg2568

  ホールデムチューブには (L) HT1ー142

                   (M) HT1-143

                   (L) HT1-144 

長さの異なる 3種類が1袋 4本入りで有ります。

材質等は やわらかい物で出来ています。

 写真で見て頂きますように ぎゅっと締め付けてなく 

  軽くケースを巻きつけた程度でしたが

   15県 塩谷郡・日光市の山道では ずれ落ちる事も有りませんでした。

他にも活用方法は有るとは思いますが 今回はこのようにして見ました。

 

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

同軸管 パート2

明日辺りには部材が到着しそうなので

 同軸管パート2に取り掛かれそうです。

今度は 強度面重視! で 

 部材を選びましたので 大丈夫かと思いますが・・・

いずれにせよ 作って見ないとね 

では 明日以降の作業で・・・

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

再び・・・

先日の出来上がりを見て・・・

作業を始める前から気になっていた事が有りまして

真鍮パイプ 外径8mmで 強度は? でした。

どうも強度が心配になり

再び部材の調達をする事にしましたが・・・

何と 中々 思うような部材が見つかりません

パイプ外径や肉厚 等・・・

色々と調べたあげく やっと見つかりましたが 値段が高い

これくらはしても しょうがないのかな・・・ これで妥協し注文

近日中には 届く予定ですので その後時間を見て 作業になります。

今度は 強度面は クリア出来そうな感じではいますが

果たして 出来上がりは・・・

また 出来上がりましたら 詳細をこちらにしますので お楽しみに!

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

同軸管測定 他

私の運用する 50MHz帯を中心に

 昨日出来上がりました同軸管の測定をして見ました。

 

まずは 同軸管の先端に MA-JJ コネクターを取り付け 

 その先に ダミーロード を取り付けて

 もう片方に アンテナ アナライザー MFJ-259 を取り付けて測定しました。

数字の所が上手く写っていませんが お許し下さい。

2015_1026_121826cimg2683 50.085MHz 付近

2015_1026_121845cimg2684 50.153MHz 付近

2015_1026_121901cimg2685 50.238MHz 付近

2015_1026_122030cimg2686 50.361MHz 付近

2015_1026_122052cimg2687 50.407MHz 付近

2015_1026_122107cimg2688 50.930MHz 付近

2015_1026_122122cimg2689 51.161MHz 付近

2015_1026_122134cimg2690 51.914MHz 付近

2015_1026_122147cimg2691 52.263MHz 付近

SWR 1.1

R 47

こんな測定結果になりました

50MHz帯のみの写真しか有りませんが

HF帯も SWR 1.1

      R 47  

測定出来る 144MHz帯も 

SWR 1.1 

R 47

50Ω ピタリは難しいと思いますが これくらいなら使えるかな

次回は シングル デルタループ アンテナ を取り付けての測定ですね。

ps.測定時に感じた事は 

   もう少し太い真鍮パイプで作った方が丈夫で良いかも

    なんて思いましたので 

     次回は 少し太めの物で製作したいですね。

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

ようやく出来上がりました (追記)

朝から・・ 半田ごて作業

しばらく半田ごてを使っていなかったので 上手くはんだ付けが・・・

部材等

真鍮パイプ 長さ 1,000 ㎜

        外径 8 Φ

        厚さ 0.5 ㎜

銅パイプ   長さ 1,000 ㎜

        外径 3 Φ

        厚さ 0.5 ㎜

5D用 M型 コネクター 2個

自己融着テープ 長さ 50 ㎜ を 3枚

ハンダ 長さ 数十 ㎝

工具等

半田ごて

パイプカッター

はさみ

メジャー

マスキングテープ

マジック

テスター

2015_1025_064758cimg2668

真鍮パイプカットの為 メジャーで測ります

2015_1025_072347cimg2671 カットした物

長さ 1,000 ㎜ の真鍮パイプを パイプカッターで 約 35 ㎜ カット

2015_1025_072405cimg2672

自己融着テープ 長さ 約 100 ㎜ にカット (後に 50 ㎜ を 3枚に修正)

2015_1025_072818cimg2673

銅パイプ 1,000 ㎜ を 約 250 ㎜  間隔で 3ヵ所に マジックでマーキング

2015_1025_074405cimg2676

自己融着テープ 巻く前の幅は これくらい

2015_1025_074327cimg2675

銅パイプ 3ヵ所 の所に 自己融着テープを巻きつけます

( 巻く前とさほど変わり映えのないくらいの幅で巻きました )

100 ㎜ 長さで自己融着テープをカットして銅パイプに全部巻くと

ノギスで測定 厚み 約 9.3 ㎜ くらいでしたので 少しカットしながら

巻き終えた所を ノギスで測定 厚み 約 7 ㎜ 以下になるように

(真鍮パイプ 内径が 7 ㎜ ですので 入るサイズにします)

数回自己融着テープをカットし 

3ヵ所共 厚み 約 6.4 ㎜ くらいで OK! としました。

(これ位ですと 真鍮パイプにすんなりと入りましたので良しとしました)

2015_1025_080633cimg2677_2

2個使います 5D用 M型 コネクター の ひとつを

写真 右は ノーマル

写真 左は 2ヶ所あります ▲突起をヤスリ等で平らにした物です

ここまでで前準備完了で 次はハンダ作業

銅パイプの片方に 5D用 M型 コネクターを差し込み 半田付け

次に 片方の半田付けが終わった銅パイプに真鍮パイプを通します

先程 半田付けした 

(コネクターの締め付けカップリングを入れ忘れないように注意)

もう片方の半田付けをする前に

(コネクターの締め付けカップリングを入れ忘れないように注意)

入れ忘れが無い事を確認したら 半田付けをします

半田付けが終わりましたら 次に 真鍮パイプの両方を半田付けをします

2015_1025_094826cimg2678

2015_1025_094843cimg2679

テスターでの導通チェックをしましたら OK!

室内で出来るのは ここまで

後日 テストを外で行いたいと思います。

見てお分りかと思いますが 同軸管です。

こんな事がきっかけで・・・

先日の移動運用で 皆様の車は ルーフキャリア等に

 アンテナを設置し すばやく QRV されていました

 しかし残念ながら 私の車には ルーフキャリアは無ので

 すばやく QRV が出来ません

 以前から雨の時や簡単設営で運用出来ないか考えていました

 そこで 知り合いのOMさんにご指導を頂き

 同軸管の製作になりました。

ご指導頂きました OM の皆様 この場をかりて御礼申し上げます。

(追記)

一部記載の寸法に間違いが有りましたので訂正しました。

真鍮パイプ カット 350mm を 35mm に訂正

 

 

| | コメント (2)

2015年10月24日 (土)

部材

秋葉原に行き 部材の調達をして来ました。

2015_1024_132806cimg2662

まずは M型 5D用コネクター

2015_1024_144612cimg2667

上から 12Φ 収縮チューブ  長さ 1m

      8Φ 収縮チューブ  長さ 1m

真鍮パイプ 外径 8Φ  厚さ 0.5 ㎜  長さ 1m

銅パイプ   外径 3Φ   厚さ 0.5 ㎜  長さ 1m

その他

作業は 後日に

| | コメント (2)

2015年10月22日 (木)

技量の無さに

あれこれと作って見たいと思いつつ

失敗ばかり いささか技量の無さに

何度か失敗をして 納得出来る物になればいいのですが

まだまだです。

出来上がりは・・・  いつになることやら

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »